ドキュメンタリー動画 / ブランディング

宣伝や販売促進を長期的に考える場合、重要なのはファンを作ることです。
ドキュメンタリー映像の制作により企業の目標を明確にしたり、歴史を映し出すことで顧客や消費者との共感を生み出します。

ドキュメンタリー動画 / ブランディング 制作のポイント

Point

会社のストーリーや歴史、大切にしている想いを伝えることでファンを創出します。

商品やサービスの良さだけでは、長期的に事業を続けることは難しいです。会社が目指しているゴールや大切にしている想い、ストーリーを知ってもらうことでファンを増やしていくことが重要です。ファンが多くいる会社は厳しい状況になっても、ファンと共に乗り越えることができます。
ドキュメンタリー映像を通じて、会社への理解が深まり共感を生み出すことができます。特にナレーションを用いない『ノーナレーションドキュメンタリー映像』では出演者自身の言葉でストーリーが語られるため、没入感が高くなります。

Point

映像を通じて問題提起を行い、メッセージが波紋のように広がる。

大きな社会問題でなくても、身近な問題を題材に問題解決に向けた取り組みを映し出すことで、視聴者にメッセージを伝えることができます。事業の多くは社会の持つ課題や人々の悩みを解決してくれることに通じているため、それらを映し出し視聴者に届けることでブランディングにつながります。
一方的に商品やサービスの良さを伝えるだけでなく、なぜその商品の開発に至ったのか、どのような想いで作り上げたのか、理想としているものは何か、ドキュメンタリー映像として伝えることで小さな波紋のように広がっていきます。

Point

ドキュメンタリー映像制作により全ての関係者の信頼関係を高める。

ドキュメンタリー映像では制作に一定の期間を要することと多くのご協力を必要とするためそこに関わる全ての人、組織のエンゲージメントを高めます。苦しい時や辛い時の話を聞く場合もあるため、制作側と取材対象側の信頼関係ができていることはもちろんですが、関係者にも映像の目的、メッセージを理解していただく必要があります。そのためドキュメンタリー映像では視聴者にメッセージを伝えることが重要ですが、最も恩恵を受けるのは取材対象側かもしれません。

CONTACT

ご依頼、ご相談などお気軽にお問い合わせください。